葛飾区で「子ども食堂」や「子供の居場所」のために活動している個人・団体のネットワークです。

活動紹介

大野隆司さんの作品で心にビタミンを(^。^)

2月27日のレインボーリボンのフードパントリーは、27世帯76人(うち子どもは47人)へのご提供でした。

いつもパントリーの前日はこんな感じでご寄付いただいた品々を小分けしたり、陳列して準備しています。

田辺農園様の野菜、葛飾社協ボランティアセンターを通していただいた企業の備蓄用食品、全国版のこども食堂ネットワークを通してライオン様の手指消毒ジェル、江東区の創成企画様から継続してお送りいただいているマスクを並べました。

ひな祭り間近なので、ひなあられのご寄付もありました(#^.^#)

今回、葛飾区在住の木版画家、大野隆司さんご本人と、地元の定時制高校の先生がかわいいストラップ、はがき、絵本などをご寄贈くださいました。

大野隆司さんの作品はコロナ禍に負けない心の栄養を届けてくれます。

オフィシャルサイト

https://ohno-takashi.wixsite.com/takashi-ohno

葛飾区への寄贈

http://www.city.katsushika.lg.jp/information/kouho/1005541/1023502.html

レインボーリボンのフードパントリーでは、女性や子どもの自殺が増えていることに心を痛めた大野先生の「その命 自分ひとりの命じゃないよ」という言葉を添えて、利用者の皆さんにお渡ししました。

猫のストラップをもらった子どもは嬉しくて、その夜は枕元に置いて寝たそうです(^。^)