葛飾区で「子ども食堂」や「子供の居場所」のために活動している個人・団体のネットワークです。

活動紹介

みんかふぇは誰でも利用できる?

こんにちは!パートスタッフ小山です。急に秋が深まり、肌寒くなってきましたね。私は岩手出身なのですが、北東北では紅葉真っ盛りだと家族から写真が送られてきました。

10月になって子ども食堂の予約も増え、定期的に開催されるようになってきました。まだ少人数での開催ですが、落ち着いてきたら徐々に人数を増やしていきたいと考えています。

子ども食堂がない日でも近所の子たちが宿題をしに来たり、遊びに来たりと毎日数人の子どもが居場所としてみんかふぇを利用しています。先日は宿題を終えた後に、まだ習っていない分数や小数点をやりたいという男の子がいて、どのように教えたらよいかと頭を悩ませました。みんかふぇでも以前は学習支援をしていたので、また再開できたらいいなと考えています。その際はもちろん学習指導経験のある方や学生さんにお手伝いしてもらおうと思います!

宿題をしに来た子ども。夜6時には家の近くまで送るのですが「みんかふぇにもっといたい!」と言ってくれる子も。

宿題をしに来た子ども。夜6時には家の近くまで送るのですが「みんかふぇにもっといたい!」と言ってくれる子も。

カフェや子ども食堂は近所に住む大人の方にもご利用いただいています。一人暮らしで日中誰とも会話していなかったというシニアの方や、子育てや仕事が忙しくてご飯を作るのが大変だという若いお母さんがここに来てホッとしたと言ってくださるととても嬉しく思います。みんかふぇは子どもも大人も誰でも利用できる場所なので、もっとたくさんの方に知ってもらえるよう大坂さんと共に日々奮闘中です!

(みんかふぇ 小山弥里)

※この事業はジャパン・プラットフォームおよび子供の未来応援基金の助成と皆さまからのご寄付で実施しています。