葛飾区で「子ども食堂」や「子供の居場所」のために活動している個人・団体のネットワークです。

活動紹介

冬休み特別企画オラクル子ども食堂⛄

12月26日、レインボーリボン今年最後のビッグイベント「冬休み特別企画オラクル子ども食堂」がありました!
葛飾区で「寺子屋」や「わっはの庭食堂」を展開しているNPO法人Learning for Allの全面的なご支援の下、IT業界では世界屈指の大企業「オラクル」の港区青山にある本社ビル22階社員食堂にご招待いただきました(´∀`)

夏休みと冬休み、年に2回のお出かけ企画をオラクル・ボランティアの皆さんが企画してくださるようになって、もう3年。
オラクルこども食堂を楽しみにしている子どもたちに加えて、口コミ効果で参加希望者がどんどん増え、今回ついに子ども34人、保護者9人、スタッフ20人の合計63人という大人数に膨れ上がりました(^_^;)

青砥駅出発組だけで55人!一斉移動はハナからあきらめ、子ども数人につき担当スタッフが引率して、全員無事にオラクル到着、帰りも無事に解散を確認して心底ホッとしました~( ̄▽ ̄;)

オラクル食堂ではバラバラに到着する子どもたちを迎え入れながら、身近な人に感謝の気持ちを伝えるサンクス・カード作りをさせてもらっていました。
昨年の冬企画は「クリスマス企画」としてサンタのおじさんも大人気だったのですが、キリスト教以外の家庭の子も楽しめるように、オラクル・ボランティアの皆さんが配慮してくださり、今年はツリーおじさんが登場!
子どもたちは「写真を撮らせてください」とお願いしたり、フェルトの葉っぱ部分を奪い取り、「幹おじさん」にしてしまったり・・・;´o`)

DSC_0151


大学生ボランティアと一緒に豪華ランチを楽しんだ後は、いよいよプレゼント・タイム!
カフェの隣に開設された特別室には、まさに「プレゼントの山」(≧▽≦)
ボランティア・リーダーの方の呼びかけで、オラクルの社員だけでなく、趣旨に賛同した社外の方からも多数寄贈していただいたそうです(^O^)
オラクル社員をはじめとして、さまざまな方がワクワクしながら選んで贈ってくれたプレゼント♪

プレゼントを包むオラクル・ボランティアの皆さん


4歳の子は「レゴ~レゴ~」とつぶやいていたら、レゴを見つけました!
漫画を選んだ小学生はさっそく読み始め、隣でお母さんが「私が買ってあげないから」と苦笑されていました(^_^;)。

プレゼント選びは真剣!


この他、青山で働く人のネットワーク、A-Crossの皆さまからのご厚意で、カッコいいジャンパーもいただきました。オラクルのすぐ隣、カフェの窓からも見える新国立競技場のオープニングを祝い、OUR SPORTS DAYと題して、地域住民、企業、学生が集まってお祝いをした際のスタッフジャンパーです。

https://ourstadium.jpnsport.go.jp/oursportsday/
製作は、昨年の夏のオラクルこども食堂でお伺いしたNEUTRAL WORKS.さんが、コーチジャケットを元にしたオリジナルデザインを作ったそうです(≧。≦)
普段かっこよく着られるようにという配慮から、スポンサー名は目立たないように内側に印字をして、NEUTRAL WORKS. BY GOLDWINの文字、青山で働く人のネットワーク: A-Crossのロゴを白字で、OUR SPORTS DAYを同系色で印刷してあります。

たくさんのプレゼントを抱え、ロビーで記念撮影した後は、徒歩5分のTEPIA(高度技術推進社会協会)にぞろぞろと移動~。
展示室で最先端の技術で遊んだり、プログラミング教室に参加させていただきました。

オラクル・ボランティアの皆さんが見送る中、TEPIAへ移動

TEPIA展示室で体験

プログラミング教室


「子どもをどこかに連れて行きたくても連れて行けない」と思っている保護者にも、とても感謝されているこの企画。
翌日、あるお母さんからいただいたメッセージです。
「すっごく楽しかったと言っていました。いただいたプレゼントも前から娘が欲しがっていた物で、買ってあげる事が出来なかった物なので、驚きと嬉しさでいっぱいになりました。娘も嬉しくて興奮して夜なかなか寝付けないほどでした」

今年もオラクル・ボランティアの皆さま、Learning for Allの皆さま、青山の企業団体の皆さま、本当にありがとうございましたo(_ _)o