葛飾区で「子ども食堂」や「子供の居場所」のために活動している個人・団体のネットワークです。

活動紹介

葛飾浴場組合より、りんごのご寄付

11月25日、葛飾浴場組合連合会の石倉幸雄会長はじめ、区内で銭湯を経営されている皆さんから、かつしか子ども食堂・居場所づくりネットワークにりんご320個のご寄付をいただきました。
この時期、区内の銭湯では秋田からりんごを買い付け、「りんご湯」を企画しているそうです。りんご湯の効能には「疲労回復」「リラックス効果」「冷え性の予防・改善」などがあるそうです。

【お知らせ/季節湯】 11月29日(日)「りんご湯」へ入ろう



今年は食用のりんごを大量に子ども食堂にご寄付くださいました。
かつしかネットワークの子ども食堂、9カ所で子どもたちに手渡します。
りんごを楽しみにしているおうちから「りんご湯にも入ってみたい」という声も届いています。
外出自粛ムードの中、たまには近くの銭湯で広いお風呂につかってリラックスするのも良いですね(^~^)