葛飾区で「子ども食堂」や「子供の居場所」のために活動している個人・団体のネットワークです。

活動紹介

ストレスに負けるな!こどもカフェ@なぎ

3月7日の「よみかき宿題こどもカフェ@なぎ」は子ども6人、保護者2人、ボランティア10人の18人参加で、いつもは「あおとこども食堂」を開催している会場のUR青戸第一団地の第一集会所で行いました。

スリッパも椅子も机も消毒、消毒・・・換気もして、席を離して、静かにお勉強しました!

でも、最後はけっこう密集して折り紙に興じていましたが(^_^;)

 

今回はお弁当を持ち帰ってもらいました。

ちらし寿司にひな祭り用のカマボコと枝豆の煮つけ、鶏つくね団子、それにご寄付でいただいた鮭やカニ缶のトッピング(≧。≦)

ひな祭り用のカマボコは流山市の給食に提供されるはずだった食材を「こども食堂実践者の会」の連携で、松戸市の「こがねはら子ども食堂」からいただきました。

終了後、お弁当と一緒に寄贈品を10家庭に届けました。

日本証券業協会「こどもサポート証券ネット」を通して大坂市中央区の光世証券株式会社様からご寄贈いただいた魚沼産こしひかり米、高級缶詰等、それにカマボコと一緒にいただいたお餅などを届けました。

 

嬉しかったのは、あるお母さんがお弁当を届けたボランティアさんにお礼の電話をくださったこと(#^.^#)

世の中コロナウィルス一色で、心を閉ざしてしまいがちな緊張感とストレスの中、こども食堂のお弁当が少しでもお役に立てたかな・・・(^^)