葛飾区で「子ども食堂」や「子供の居場所」のために活動している個人・団体のネットワークです。

活動紹介

JA東京スマイル様「野菜の宝船」ご寄付ありがとうございました。

あおとこども食堂は10月27日(日)、「野菜の無料スーパー」を開催しました。

昨年からJA東京スマイル様がかつしか産業フェアに出展した後の「野菜の宝船」を葛飾区のこども食堂に寄付してくれています。


大根、かぶ、人参、白菜、小松菜など、1千点を超えるたくさんの野菜を、昨年は子ども食堂の調理用だけでは使い切れず、支援を必要としている家庭に届けたり、障がい者支援の団体に引き取ってもらったりしました。

今年は優先順位を➀こども食堂調理用、②経済的困難を抱える家庭への配送、③大人も含め居場所を運営している団体、④無料スーパー…として、あおとこども食堂では、子どもに野菜を食べさせてくれる人、皆さんに野菜をお渡ししました。


かつしか子ども食堂・居場所づくりネットワークの仲間の発案で「ふくしまこども食堂ネットワーク」の江川さんに、福島県いわき市で被災者対象の炊き出しを行っているNPO法人「共創のまちサポート」の増子さんを紹介してもらいました。
https://www.facebook.com/kyousounomati.iwaki/
日曜日に公民館で100食の炊き出しを行っているそうです。27日の炊き出しには当然、間に合わないのですが、「共創のまちサポート」が行っているコミュニティ食堂(火、水、木曜に子どもたちに朝食と高齢者との交流の場を提供)で使っていただければと、JAさんの野菜をお裾分けしました。

無料スーパーの入口に福島への送料カンパ箱を置いたところ、なんと6,698円もの募金が集まり、段ボール4箱の野菜を送ることができました。